20年以上の生産、品質管理のノウハウをもとに、信頼性の高い製品を供給します。
一緒に供給されるバット管継手、電気融着継手管、ボールバルブに最適化された製品として安定した品質の製品を供給します。

product02_1

PIPEの特性

接続の完全性

配管の品質は接続部の上に左右されるバーPEC PIPEは、電気融着シート、継手(融着)•スクリュー式•フランジ•電子ソケット(E/ F)接合方法など、現場条件に応じて、さまざまな接合方法を選択することにより、 漏水の可能性を完全に排除することができる。

便利な施工性

PEC PIPEの様々な継手管の設置と簡単な融着装置を用いて素人でない作業者も簡単融着作業を行うことができる。

柔軟性

材質自体の柔軟性が優れていて、地形の条件に制約されず、配管施工が容易で、地震や地盤沈下などにも比較的安全であり、弾力性が優れ変形後も原状回復が可能である。

優れた耐食性

PEC PIPEは腐食や電飾がないので、錆や絶頂が生じない流量の変化がなく、寿命が半永久的である。

経済性

PECガス管は、資材費がその他の管種に比べ安価であり、メンテナンス費用など維持管理費が小さく納められる。

軽量性

PEC水道管は鋼管の重量の1/7に過ぎないので、取り扱いが簡単で、容易かつ迅速施工が可能である

耐薬品性

ポリエチレンは、酸•アルカリ•塩分などの腐食されず、海藻類や細菌などが繁殖しないので、様々な耐食材料から安全な配管である。

耐寒性

ポリエチレンは、分子間の伸縮性が良く、氷点下40℃の温度変換にも固有の耐久性を維持する。(館内水のような液体を含んでいない状態の管自体の物性を意味する)

耐衝撃性

PECガス管は、材質の特性上、外部の衝撃に対する抵抗性が優れている。埋設後、地震や地盤沈下時にも管や継手の漏れが発生しない。

衛生性

ポリエチレンは、先進国では、その衛生性が立証されて世界的に各種衛生用品(水道用配管、飲食包装用、各種容器)に幅広く使用されている素材として、管の溶出された物質がないため、きれいな水の味が維持されて飲料水材料として最適の条件を備えている。

PIPEの物性

PIPEの物性

※ 上記物性表は代表値であり、注文者のニーズに合わせ項目が加減できます。
識別バーの表示は、消費者の協議によって削除されたり調整することができます。

水道管の種類と寸法

水道用ポリエチレン管の購入情報およびユーザーマニュアル

購入情報

  1. 主な使用用途:人間消費用の水の移送を目的として使用する管(水道管、農業用の配水管、PLANT管、工業用ソルガムソングァン、ゴルフ場、プール配管、縁養殖場配管)
  2. 最高使用圧力(MOP):2.5MPa、設計係数:C=1.25(管列固有の使用圧力は、別途お問い合わせください)
  3. 管の材料:PE80、PE100(MRS評価基準)
  4. 製造者情報と製造国:コスモアイアンディ(株)、大韓民国
  5. 性能の特性:本製品は、各種国内外の標準(KS M 3408-2, ISO 4427-2)の性能特性を満足している。
  6. 既知の危険性と安全関連事項 : 屋外暴露と40℃以上の水または薬品移送時、長期間の耐久性を保証できません。
  7. 環境的危険性:PE管は酸、アルカリ、塩分などの腐食がなく、藻類、細菌などの細菌類が繁殖しません。

施工方法と使用説明書

  1. 施工前融着機、電気、部品類などの装備類を点検する。
  2. 管の損傷の有無を確認し、融着条件を設定する。
  3. 管の断面面取りを行った後、異物は、アルコールとキッチンタオルで掃除する。
  4. クランプを作動させて整列や隙間に問題がないことを確認する。
  5. ヒーターを設置して加圧し、一定時間を維持し、均一なビッドが形成されるようにする。
  6. 加熱保持が終了したら、ヒーターを除去し、圧着過程を経る。
  7. 冷却時間の間、一定の圧力を維持した後、融着ビッドの状態を点検する。
  8. ※ 商品施工時の技術的なお問い合わせやサービスが必要な場合、融着状態を保存した後、当社にご連絡ください。

管の整列の確認

管の整列の確認

面取り

面取り

アライメント確認

アライメント確認

加圧溶融、加熱保持

加圧溶融、加熱保持

圧着、冷却、検査

圧着、冷却、検査

取り扱い時の注意事項

  • ◆ 管は積載、上下車、輸送などの過程で損傷されないようにし、曲げ、パッキン、へこみなどにより損傷したPEの管は使用できない
  • ◆ 保管や輸送中、工事までは、保護キャップをかぶせ管の内部に水や異物が挿入されないようにする
  • ◆ 管を引き出し、管の表面または末端部が破損していないようにする
  • ◆ PE管は屋内保管を原則とし、現場での屋外保管する場合には、直射日光を避けて保管できるように遮光膜を被せ保管する
  • ◆ 持ち運びの際、wire ropeなどの金属製品と接触するときは、金属と管が直接接触しないように、必ず布、ゴムなどの柔軟な材料をあてた後、ワイヤロープを使用する
  • ◆ 積載時には、保護サポートを使用して、真円度の損傷がないように、過度の負荷は避ける
  • ◆ 施工標準マニュアルに準拠する
  • ◆ 施工過程の中で鋭い邪魔物(石)等により管が損傷しないように注意する
  • ◆ 本製品は破棄/廃棄時に特定の廃棄物であるため、任意の埋め立てできない

埋設配管に使用することを原則とし、設計圧力以下で使用する。

20年間の開発と生産のノウハウを基に、信頼性の高い寸法品質と融着不良要因を除去して、接続工程を簡単で、高速実施するのに役立つ製品を提供します。

product02_2

水道EF継手管の特性

POLYETHYLENE FITTING

電気融着

  • · 継手管の内部の熱線で発生する電気抵抗熱を用いり融着する方法で、温度、時間などの規格値をプログラム化し規格を外れた場合、出力されるDataによる融着の誤差点を記録することで、融着の完全性を期すことができ、狭いスペースでも簡単な方法で施工することができる施工の容易性が利点である
  • · 種類には、ソケット融着、シャトル(サービスティー)融着、エルボ融着などがある。

コスモアイエンディ(株)電気融着継手管は

  • · E/ Fを融着機に連携し、自動で融着時間、冷却時間が設定されるので機器の運用が容易である。
  • · KS M ISO8085-3 KS規格品でガスと水道用パイプと規格が一致して使用が便利である。
  • · 160mm以上の電気融着継手管で運搬用取っ手があり、移動が容易である。
  • · 製品の寸法が多様で、ISOユーザーの選択が便利である。
  • · 製品内部の熱線幅が広いので、機密性能が優れている。

E/F FITTINGの性能

試験項目 内容
寸法検査 KS 3408-3, ISO 4427-3に基づいて検査
熱間耐圧クリープ試験(水) PE80 – 試験温度: 20℃, 試験圧力: 10.0Mpa, 破壊時間≥100h
– 試験温度: 80℃, 試験圧力: 4.5Mpa, 破壊時間≥165h
– 試験温度: 20℃, 試験圧力: 4.0Mpa, 破壊時間≥1000h
PE100 – 試験温度: 20℃, 試験圧力: 12.4Mpa, 破壊時間≥100h
– 試験温度: 80℃, 試験圧力: 5.4Mpa, 破壊時間≥165h
– 試験温度: 20℃, 試験圧力: 5.0Mpa, 破壊時間≥1000h
剥離試験 脆性剥離長さが溶着部の長さの3分の1以下であること
落すい試験 시試験温度と状態調節:0℃で4h、追加の高さ:2m、錘の重量:2.5kg
試験後の機密に異常がなく、その他の欠点がないこと
短期耐水圧試験 PE80 試験温度:20℃、圧力増加速度:0.5Mpa/分、破壊圧力:3.2Mpa以上
PE100 試験温度:20℃、圧力増加速度:0.5Mpa/分、破壊圧力:4.0Mpa以上
引張荷重抵抗 23℃、引張速度:5mm/分、管降伏点との最小変化率が25%以上

水道EF継手管の種類と寸法

E/F COUPLER

E/F ELBOW 90°

E/F ELBOW 45°

E/F ELBOW 22.5°

E/F END CAP

E/F REDUCER

E/F TEE

E/F TAPPING TEE

E/F SADDLE

E/F PATCH

水道用ポリエチレンE/ F管継手購入情報のユーザーマニュアル

購入情報

  1. 主な使用用途 : 人の消費用の水の移送を目的として使用する管継手
  2. 使用条件と使用制限 : 2.5MPa以下で材質別、管列固有の使用圧力以下で使用する(圧力は別途お問い合わせください)
  3. 管の材料:PE80、PE100(MRS評価基準)
  4. 製造者情報と製造国:コスモアイアンディ(株)、大韓民国
  5. 性能の特性:本製品は、各種国内外の標準(KS M 3408-3, ISO 4427-3)の性能特性を満足している。
  6. 維持保全:PE管は、内部スケールが発生しないため、長期間の保守管理が不要。
  7. 既知の危険性と安全関連事項:PE管は埋没して施工継手管の曲げ可能半径の外径の20倍以上
  8. 環境的危険性:PE管は酸、アルカリ、塩分などの腐食がなく、藻類、細菌などの細菌類が繁殖しません。

施工方法と使用説明書

  1. 施工前融着機、電気、部品類などの装備類を点検する。
  2. 継手管の損傷の有無を確認し、融着条件を設定する。
  3. 融着部位パイプ外面を面取りを行った後、異物は、アルコールとキッチンタオルで掃除する。
  4. パイプに廃棄する部分を表示して面取り機を使用して融着面を0.2mm程度等しく面取りする。
  5. 継手管内に挿入される深さだけパイプにマジックペンで表示する。
  6. パイプをソケットに挿入し、クランプで配管を固定させた後、ケイジャックを端子に接続する。
  7. 融着時間と冷却時間を確認した後、スタートボタンを押す。
  8. 融着/冷却完了後、融着部位のインジケータと出力DATAを確認する。
  9. ※ 商品施工時の技術的なお問い合わせやサービスが必要な場合、融着状態を保存した後、当社にご連絡ください。

PIPEの清掃

PIPEの清掃

表示

表示

面取(スクラッピング)

面取(スクラッピング)

挿入/固定

挿入/固定

融着/冷却

融着/冷却

完了完了

取り扱い時の注意事項

  • ◆ 管は積載、上下車、輸送などの過程で損傷されないようにし、曲げ、パッキン、へこみなどにより損傷したPEの管は使用できない
  • ◆ 保管や輸送中、工事までは、保護キャップをかぶせ管の内部に水や異物が挿入されないようにする
  • ◆ 管を引き出し、管の表面または末端部が破損していないようにする
  • ◆ PE管は屋内保管を原則とし、現場での屋外保管する場合には、直射日光を避けて保管できるように遮光膜を被せ保管する
  • ◆ 持ち運びの際、wire ropeなどの金属製品と接触するときは、金属と管が直接接触しないように、必ず布、ゴムなどの柔軟な材料をあてた後、ワイヤロープを使用する
  • ◆ 積載時には、保護サポートを使用して、真円度の損傷がないように、過度の負荷は避ける
  • ◆ 施工標準マニュアルに準拠する
  • ◆ 施工過程の中で鋭い邪魔物(石)等により管が損傷しないように注意する
  • ◆ 本製品は破棄/廃棄時に特定の廃棄物であるため、任意の埋め立てできない

埋設配管に使用することを原則とし、設計圧力以下で使用する。

革新的なボールの構造を介して、より簡単に開閉が可能で、大口径でも利便性と安全性が向上され、新概念の減速ギアの採用でメンテナンスが非常に便利なっ経済性と利便性、信頼性の両方を達成した製品を供給します

product02_3

水道バルブ特性

PEボールバルブの構造と仕様

PEバルブの主要部分の材質

PEボールバルブ仕様

コスモI&D PEボールバルブの特徴

  • · KS規格品(KS M 3529)
  • · 地下埋没型であり、小型マンホールが可能である。
  • · PEの使用に電飾や腐食の心配がなく、使用寿命が長い。
  • · パージ弁もPEを使用して、腐食の心配がない。
  • · パージはNO、1-、2-パージ中で施工要件に応じて選択が可能である。
  • · BORE TYPEは100%Full Port Typeで内径の流量の変化がない。
  • · 内部にホームや突起部がない異物や溜まり(停滞)現象がなく、内部の掃除が容易である。
  • · 大型(200〜630mm)ボールバルブは、減速ギアを一体型に保護管の中に挿入装着後防水処理が施され 水漏れや腐食の心配がなく、A/ Sの発生確率が少ない。
  • · ボールシートの通気性構造のため、バルブがOPEN時にはシートが押されていないストレスが少なく、CLOSEされた時のみシートの役割をしてシートの寿命が長く、OPENとCLOSE時容易である。
  • · コスモボールバルブは、内部構造が高圧用に設計されて高圧でもOPEN/ CLOSEが容易である。
  • · ボールバルブ内減速機の凍結特殊ギアで高回転率で製作され、既存の方法のギアボックスの形態の問題点を改善した開発品である

PEバルブの性能

水道バルブの種類と寸法

Standard type (small size type)

※ 用途によって製品の色は変更されることができます。

Standard type

※ 用途によって製品の色は変更されることができます。

Lever type No Purge (No gear box)

※ 用途によって製品の色は変更されることができます。

Lever type 1 Purge (No gear box)

※ 用途によって製品の色は変更されることができます。

Lever type 2 Purge (No gear)

※ 用途によって製品の色は変更されることができます。

Lever type No Purge (Separated gear)

※ 用途によって製品の色は変更されることができます。

Lever type 1 Purge (Separated gear)

※ 用途によって製品の色は変更されることができます。

Lever type 2 Purge (Separated gear)

※ 用途によって製品の色は変更されることができます。

Gear type No Purge

※ 用途によって製品の色は変更されることができます。

Gear type 1 Purge

※ 用途によって製品の色は変更されることができます。

Gear type 2 Purge

※ 用途によって製品の色は変更されることができます。

Short type gear No Purge (On demand)

※ 用途によって製品の色は変更されることができます。

Short type gear 1 Purge (On demand)

※ 用途によって製品の色は変更されることができます。

Short type gear 2 Purge (On demand)

※ 用途によって製品の色は変更されることができます。

水道配管用ポリエチレン(PE)バルブ購入情報およびユーザーマニュアル

購入情報

  1. 主な使用用途:ガス燃料の供給に使用されるPEの管
  2. 사使用条件と使用制限 : 1.125MPa以下で使用すること
  3. 管の材料:PE80、PE100(MRS評価基準)
  4. 製造者情報と製造国:コスモアイアンディ(株)、大韓民国
  5. 性能の特性:本製品は、各種国内外の標準(KS M3514、ISO4437-2、EN1554-2、ASTM D2513GB-15558.1)の性能特性を満足している。
  6. 維持保全:PE管は、内部スケールが発生しないため、長期間の保守管理が不要。
  7. 既知の危険性と安全関連事項 : 屋外暴露または40℃以上の水または薬品移送時長期間の耐久性を保証できないこと。
  8. 環境的危険性:PE管は酸、アルカリ、塩分などの腐食がなく、藻類、細菌などの細菌類が繁殖しません。

取り扱い時の注意事項

  1. 施工前融着機、電気、部品類などの装備類を点検する。
  2. 管の損傷の有無を確認し、融着条件を設定する。
  3. 管の断面面取りを行った後、異物は、アルコールとキッチンタオルで掃除する。
  4. クランプを作動させて整列や隙間に問題がないことを確認する。
  5. ヒーターを設置して加圧し、一定時間を維持し、均一なビッドが形成されるようにする。
  6. 加熱保持が終了したら、ヒーターを除去し、圧着過程を経る。
  7. 冷却時間の間、一定の圧力を維持した後、融着ビッドの状態を点検する。
  8. ※ 商品施工時の技術的なお問い合わせやサービスが必要な場合、融着状態を保存した後、当社にご連絡ください。

管の整列の確認

管の整列の確認

面取り

面取り

アライメント確認

アライメント確認

加圧溶融、加熱保持

加圧溶融、加熱保持

圧着、冷却、検査

圧着、冷却、検査

取り扱い時の注意事項

  • ◆ バルブ両端の接合は、電気ソケット融着を原則とする。
  • ◆ バルブ周辺は100%の砂と敷設する。
  • ◆ バルブ内部に異物が入らないように注意する。
  • ◆ バルブを配管と融着するまでは、バルブの両端のキャップを除去しない。
  • ◆ ストッパーに土や砂などの異物が混入すると、バルブが作動しなかったり、ガス漏れの主な原因になる可能性があるので、施工の際、バルブ内に混入しないように十分注意しなければならない。
  • ◆ バルブ運搬および設置の作業の際、常に完全に開放状態を維持するようにする。
  • ◆ 運搬および荷役の際、バルブに衝撃を与えないように注意する。
  • ◆ バルブの下部には弁ばかまが生じないように、十分な押し固める作業を行う。
  • ◆ バルブ取付の際、最大深度は、バルブ本体と地面との距離が1.5m以上離れないように注意する。

埋設配管に使用することを原則とし、設計圧力以下で使用する。

20年以上の生産、品質管理のノウハウをもとに、多様で、優れた製品を安定した品質で供給しています。

product01_4

水道HF管継手の特性

コスモI&D HF管継手は、

  • · 継手溶着や電気融着方式を使用して接続することにより、最適な接続が可能であり、最も汎用的に使用され、安全な接続が可能な管継手です。
  • · コスモバット継手管は電動ハンマーの幅内で困難な施工環境を考慮し、融着失敗後にも切断し再融着が可能になるよう設計された製品です。
  • · 20年以上の経験と技術を基にしたPE総合配管業者として、お客様が必要とする製品をいつでも迅速に供給することができます。

HF FITTINGの性能

試験項目 内容
寸法検査 KS M ISO8085-2、ISO8085-2、EN1555-3に基づいて検査
熱間耐圧クリープ試験物 PE80 – 試験温度: 20℃, 試験圧力: 10.0Mpa, 破壊時間≥100h
– 試験温度: 80℃, 試験圧力: 4.5Mpa, 破壊時間≥165h
– 試験温度: 20℃, 試験圧力: 4.0Mpa, 破壊時間≥1000h
PE100 – 試験温度: 20℃, 試験圧力: 12.4Mpa, 破壊時間≥100h
– 試験温度: 80℃, 試験圧力: 5.4Mpa, 破壊時間≥165h
– 試験温度: 20℃, 試験圧力: 5.0Mpa, 破壊時間≥1000h
溶融質量流量率 加工後 変化率 ±20%
酸化誘導時間 ≥20分
継手融着強度 延性破壊であること

水道HF管継手の種類と寸法

90° ELBOW (Injection, manufacturing)

45° ELBOW (Injection, manufacturing)

END CAP (Injection)

TEE

REDUCER

MULTI REDUCER

SADDLE

T/F FITTING

SOCKET TYPE (Socket fusion fitting)

FLANGE ADAPTER

水道用ポリエチレンスピゴット継手管購入情報およびユーザーマニュアル

購入情報

  1. 主な使用用途:ガス燃料の供給に使用されるPEの管
  2. 使用条件と使用制限 : 2.5MPa以下で材質別、管列固有の使用圧力以下で使用する(圧力は別途お問い合わせください)
  3. 管の材料:PE80、PE100(MRS評価基準)
  4. 造者情報と製造国:コスモアイアンディ(株)、大韓民国
  5. 性能の特性:本製品は、各種国内外の標準(KS M 3408-3, ISO 4427-3)の性能特性を満足している。
  6. 維持保全:PE管は、内部スケールが発生しないため、長期間の保守管理が不要。
  7. 既知の危険性と安全関連事項 : 屋外暴露または40℃以上の水または薬品移送時長期間の耐久性を保証できないこと。
  8. 環境的危険性:PE管は酸、アルカリ、塩分などの腐食がなく、藻類、細菌などの細菌類が繁殖しません。

施工方法と使用説明書

  1. 施工前融着機、電気、部品類などの装備類を点検する。
  2. 管の損傷の有無を確認し、融着条件を設定する。
  3. 管の断面面取りを行った後、異物は、アルコールとキッチンタオルで掃除する。
  4. クランプを作動させて整列や隙間に問題がないことを確認する。
  5. ヒーターを設置して加圧し、一定時間を維持し、均一なビッドが形成されるようにする。
  6. 加熱保持が終了したら、ヒーターを除去し、圧着過程を経る。
  7. 冷却時間の間、一定の圧力を維持した後、融着ビッドの状態を点検する。
  8. ※ 商品施工時の技術的なお問い合わせやサービスが必要な場合、融着状態を保存した後、当社にご連絡ください。

管の整列の確認

管の整列の確認

面取り

面取り

アライメント確認

アライメント確認

加圧溶融、加熱保持

加圧溶融、加熱保持

圧着、冷却、検査

圧着、冷却、検査

取り扱い時の注意事項

  • ◆ 管は積載、上下車、輸送などの過程で損傷されないようにし、曲げ、パッキン、へこみなどにより損傷したPEの管は使用できない
  • ◆ 保管や輸送中、工事までは、保護キャップをかぶせ管の内部に水や異物が挿入されないようにする
  • ◆ 管を引き出し、管の表面または末端部が破損していないようにする
  • ◆ PE管は屋内保管を原則とし、現場での屋外保管する場合には、直射日光を避けて保管できるように遮光膜を被せ保管する
  • ◆ 持ち運びの際、wire ropeなどの金属製品と接触するときは、金属と管が直接接触しないように、必ず布、ゴムなどの柔軟な材料をあてた後、ワイヤロープを使用する
  • ◆ 積載時には、保護サポートを使用して、真円度の損傷がないように、過度の負荷は避ける
  • ◆ 施工標準マニュアルに準拠する
  • ◆ 施工過程の中で鋭い邪魔物(石)等により管が損傷しないように注意する
  • ◆ 本製品は破棄/廃棄時に特定の廃棄物であるため、任意の埋め立てできない

埋設配管に使用することを原則とし、設計圧力以下で使用する。

20年以上の生産、品質管理のノウハウをもとに、信頼性の高い製品を供給します。
一緒に供給されるバット管継手、電気融着継手管、ボールバルブに最適化された製品として安定した品質の製品を供給します。

product02_5

地熱管の特性

PE地熱管及びU-BEND

用途

地熱システム用配管と継手

地熱システム配管とは?

太陽熱は地表面に吸収され、地下100〜200mの地下温度は年間を通じて一定に15±5℃を維持します。地熱システムと地表面下に穴を開けてコスモ地熱配管を挿入すると、流体を循環させて、地下の熱を吸収し、循環させて、ヒートポンプによるエネルギーの熱交換を介して冷、暖房、給湯を供給するシステムでエネルギー コストを大幅に削減することができ経済的であり、環境に優しいシステムです。

コスモ地熱管及びU-BENDの特徴

完璧な水密性

地熱管の生産と同時に一体型Uバンドを熱融着方法によって融着することで完璧な水密性を確保します。

優れた長期耐圧性能

地熱管とUバンドは、優れた長期耐圧性能が実証されたHDPEの原料を用いることで、施工後のメンテナンスが 必要とせず半永久的に使用が可能です。

化学的安定性

PE(ポリエチレン)材質の特性により、各種酸、アルカリなどの化学薬品に対する耐性が優れており、長期間使用時にもスケールの発生がありません。

耐衝撃性

外部からの衝撃に強く、施工後の地盤沈下時にも破壊されず、応力除去時、復原性に優れています

地熱管と管継手の種類と寸法

地熱管

KS製品(KSM3408-2、SDR11)
呼び径 外径 最小厚さ
32 32 3.0
40 40 3.7
50 50 4.6
63 63 5.8
75 75 6.8
90 90 8.2
110 110 10.0
125 125 114.4
140 140 12.7
160 160 14.6
225 225 20.5

U-BEND(LOOP配管用ダブルロール管継手)

KS寸法(KSM3408-2、SDR11)
呼び径 外径 最小厚さ
40 39.8 7.4
50 49.7 8.9

90° ELBOW (Injection, manufacturing)

45° ELBOW (Injection, manufacturing)

END CAP (Injection)

TEE

REDUCER

SOCKET TYPE (Socket fusion fitting)

水道用ポリエチレンソケット融着継手管購入情報およびユーザーマニュアル

購入情報

  1. 主な使用用途:人間消費用の水の移送を目的として使用する管
  2. 使用条件と使用制限 : 2.5MPa以下で材質別、管列固有の使用圧力以下で使用する(圧力は別途お問い合わせください)
  3. 管の材料:PE80、PE100(MRS評価基準)
  4. 製造者情報と製造国:コスモアイアンディ(株)、大韓民国
  5. 性能の特性:本製品は、各種国内外の標準(KS M 3408-2, ISO 4427-2)の性能特性を満足している。
  6. 維持保全:PE管は、内部スケールが発生しないため、長期間の保守管理が不要。
  7. 既知の危険性と安全関連事項 : 屋外暴露と40℃以上の水または薬品移送時、長期間の耐久性を保証できません。
  8. 環境的危険性:PE管は酸、アルカリ、塩分などの腐食がなく、藻類、細菌などの細菌類が繁殖しません。

施工方法と使用説明書

  1. 施工前融着機、電気、部品類などの装備類を点検する。
  2. 管の損傷の有無を確認し、融着条件を設定する。
  3. 継手管の内面に異物を除去し、水道管の融着面に異物がないように面取りを行う。
  4. 溶融される部位をアルコールで掃除する。
  5. ヒータープレートを管と管継手の規定の深さまで押し込む。
  6. ヒーター管と継手管を一定時間維持させ、ヒーターを除去する。
  7. 加熱保持が終了したら、ヒーターを除去し、圧着過程を経る。
  8. 冷却時間の間、一定の圧力を維持した後、融着ビッドの状態を点検する。
  9. ※ 商品施工時の技術的なお問い合わせやサービスが必要な場合、融着状態を保存した後、当社にご連絡ください。

点検、面取り

点検、面取り

挿入、加熱維持、加圧溶融

挿入、加熱維持、加圧溶融

圧着、冷却、検査

圧着、冷却、検査

取り扱い時の注意事項

  • ◆ 管は積載、上下車、輸送などの過程で損傷されないようにし、曲げ、パッキン、へこみなどにより損傷したPEの管は使用できない
  • ◆ 保管や輸送中、工事までは、保護キャップをかぶせ管の内部に水や異物が挿入されないようにする
  • ◆ 管を引き出し、管の表面または末端部が破損していないようにする
  • ◆ PE管は屋内保管を原則とし、現場での屋外保管する場合には、直射日光を避けて保管できるように遮光膜を被せ保管する
  • ◆ 持ち運びの際、wire ropeなどの金属製品と接触するときは、金属と管が直接接触しないように、必ず布、ゴムなどの柔軟な材料をあてた後、ワイヤロープを使用する
  • ◆ 積載時には、保護サポートを使用して、真円度の損傷がないように、過度の負荷は避ける
  • ◆ 施工標準マニュアルに準拠する
  • ◆ 施工過程の中で鋭い邪魔物(石)等により管が損傷しないように注意する
  • ◆ 本製品は破棄/廃棄時に特定の廃棄物であるため、任意の埋め立てできない

埋設配管に使用することを原則とし、設計圧力以下で使用する。

20年以上の生産、品質管理のノウハウをもとに、信頼性の高い製品を供給します。
一緒に供給されるバット管継手、電気融着継手管、ボールバルブに最適化された製品として安定した品質の製品を供給します。

product02_6

PIPEの特性

接続の完全性

配管の品質は接続部の上に左右されるバーPEC PIPEは、電気融着シート、継手(融着)•スクリュー式•フランジ•電子ソケット(E/ F)接合方法など、現場条件に応じて、さまざまな接合方法を選択することにより、 漏水の可能性を完全に排除することができる。

便利な施工性

PEC PIPEの様々な継手管の設置と簡単な融着装置を用いて素人でない作業者も簡単融着作業を行うことができる。

柔軟性

材質自体の柔軟性が優れていて、地形の条件に制約されず、配管施工が容易で、地震や地盤沈下などにも比較的安全であり、弾力性が優れ変形後も原状回復が可能である。

優れた耐食性

PEC PIPEは腐食や電飾がないので、錆や絶頂が生じない流量の変化がなく、寿命が半永久的である。

経済性

PECガス管は、資材費がその他の管種に比べ安価であり、メンテナンス費用など維持管理費が小さく納められる。

軽量性

PEC水道管は鋼管の重量の1/7に過ぎないので、取り扱いが簡単で、容易かつ迅速施工が可能である

耐薬品性

ポリエチレンは、酸•アルカリ•塩分などの腐食されず、海藻類や細菌などが繁殖しないので、様々な耐食材料から安全な配管である。

耐寒性

ポリエチレンは、分子間の伸縮性が良く、氷点下40℃の温度変換にも固有の耐久性を維持する。 (館内水のような液体を含んでいない状態の管自体の物性を意味する)

耐衝撃性

PECガス管は、材質の特性上、外部の衝撃に対する抵抗性が優れている。埋設後、地震や地盤沈下時にも管や継手の漏れが発生しない。

衛生性

ポリエチレンは、先進国では、その衛生性が立証されて世界的に各種衛生用品(水道用配管、飲食包装用、各種容器)に幅広く使用されている素材として、管の溶出された物質がないため、きれいな水の味が維持されて飲料水材料として最適の条件を備えている。

PIPEの物性

PIPEの物性

※ 上記物性表は代表値であり、注文者のニーズに合わせ項目が加減できます。
識別バーの表示は、消費者の協議によって削除されたり調整することができます。

水道管の種類と寸法

消防合成樹脂配管の取扱い説明書

一般的な情報

  1. 摩擦係数:C=150
  2. 継手の接着剤(継手接着方式の配管等に限る):該当なし
  3. 配管支持装置の取り付け間隔(1種配管などのみ):該当なし
  4. 管の材料:PE80、PE100(MRS評価基準)
  5. 最小曲げ半径(該当する配管の場合に限る):該当なし
  6. 継手作業が可能な最低温度硬化時間および最高周囲温度硬化時間(継手接着方式の配管等に限る):該当なし

施工方法

  1. 施工前融着機、電気、部品類などの装備類を点検する。
  2. 管の損傷の有無を確認し、融着条件を設定する。
  3. 管の断面面取りを行った後、異物は、アルコールとキッチンタオルで掃除する。
  4. クランプを作動させて整列や隙間に問題がないことを確認する。
  5. ヒーターを設置して加圧し、一定時間を維持し、均一なビッドが形成されるようにする。
  6. 加熱保持が終了したら、ヒーターを除去し、圧着過程を経る。
  7. 冷却時間の間、一定の圧力を維持した後、融着ビッドの状態を点検する。
  8. ※ 商品施工時の技術的なお問い合わせやサービスが必要な場合、融着状態を保存した後、当社にご連絡ください。

管の整列の確認

管の整列の確認

面取り

面取り

アライメント確認

アライメント確認

加圧溶融、加熱保持

加圧溶融、加熱保持

圧着、冷却、検査

圧着、冷却、検査

取り扱い時の注意事項

  • ◆ 管は積載、上下車、輸送などの過程で損傷されないようにし、曲げ、パッキン、へこみなどにより損傷したPEの管は使用できない
  • ◆ 保管や輸送中、工事までは、保護キャップをかぶせ管の内部に水や異物が挿入されないようにする
  • ◆ 管を引き出し、管の表面または末端部が破損していないようにする
  • ◆ PE管は屋内保管を原則とし、現場での屋外保管する場合には、直射日光を避けて保管できるように遮光膜を被せ保管する
  • ◆ 持ち運びの際、wire ropeなどの金属製品と接触するときは、金属と管が直接接触しないように、必ず布、ゴムなどの柔軟な材料をあてた後、ワイヤロープを使用する
  • ◆ 積載時には、保護サポートを使用して、真円度の損傷がないように、過度の負荷は避ける
  • ◆ 施工標準マニュアルに準拠する
  • ◆ 施工過程の中で鋭い邪魔物(石)等により管が損傷しないように注意する
  • ◆ 本製品は破棄/廃棄時に特定の廃棄物であるため、任意の埋め立てできない

埋設配管に使用することを原則とし、設計圧力以下で使用する。